私はJKをハメ撮りしたのです。



私は、無修正のJKのハメ撮り動画を見て、中出しをしたくなりました。

私は、ついにJKとハメ撮りをする気になったのです。
私が、モロ見えにすると言っても信じてもらえなかったのです。
目をつぶり、おっぱいを軽く舐めることから始めて、舌を絡めてきます。
舌で、乳首を舐めまわし、音を立てます。
私は、黙々とJKのハメ撮り動画を見てました。
ところで、セックスをするのは意外と難しいことが分かりました。
私は変るがわるザーメン中出しをしていったのです。
他の人が居る時にも隠れて15歳と会っていたのです。
それで、アナルに挿入をする関係を続けてしまいました。
私は、初体験させてあげることに興味を持ってしまったのです。
援交をしていたというのは、きっと私の気のせいだろうと思いました。
とにかく、今は、JKのハメ撮りの動画を見たいなって思ってます。
私はパイズリすることを押し付けたいと思っていました。
私は性的ないたずらに不快感を覚えたのです。
何かにつけ理由をつけては写メをしようと近寄っていきました。
そして、クンニすることに虜になってしまったのです。
当時の私は、付き合ってからするものだと思っていたのです。
手ぐせが悪く前にも断わりも無く、ハメ撮りをしたらしいのです。
精子まみれになっていたので、もう洗う気にもなれなかったのです。
その日は遅かったので、翌日、モザイク無しを見たのですが、とても興奮できました。
その瞬間、ベッドに押し倒され、布団で顔を覆われ押さえつけられました。
私は、シックスナインに興味の無い素振りをしていたのです。
会ったら、必ずsexできると言われてますが確かな情報ではありません。
どうすれば、裸にすることが出来るかわからないのです。
とにかく、付き合いたいことを伝えようと思っていました。
ようやく、JKはハメ撮りをすることを納得して脚を開いてくれました。
まったく電マの使い方が下手だったので、まったく感じませんでした。
私は一人でいると退屈で、無修正のDVDを見たくなってしまうのです。
また、援交をする時は充分に気をつけなければなりません。
直接、会ってから流出させたのを見てもらうつもりです。
フェラをする時は顔を押えておかないと、うまく口に入らないと思います。
過去にハメ撮りしたため、別れたことがあるのです。
私は、本気だったので妊娠したことは後悔はしてないでしょう。
それでも、中出しをしてあげたら、とても喜んでくれるはずです。
いつも丸見えにしてあげているのに、まるで眼中にないという態度を取るのです。
しかし、5分くらいすると、エッチをする着が無くなってしまうのです。
どんなに付きまとっても、JKとハメ撮りをすることはできないと分かったのです。
もしも、無理やりマンコを触ったら、厄介になことになります。
私は経験が少ないのですが、どうにか潮吹きをさせることができました。
もしかしたら、中出しをするどころか、何もできないかもしれません。
来週はクリトリスを愛撫するために出かけるつもりです。
そして、肛門を見るために私の体を持ち上げました。
どうしても思い留まらせるために話しをしなければならないのです。
まだ幼くて妊娠しないと思い、ハメ撮りしたのです。
そして、携帯のムービーで私を撮っているのが分かったのです。
当たり前のことですが、無修正のDVDを見ることは自由だと思うのです。
自分のものにするためにセックスしてしまったのです。
目隠しをしてから、私に抱きつきキスをしてきました。
騒がれないように口枷をしたのです。
でも、声が震えて言葉になっていなかったと思います。
というか、当時の私はまだまだ初心だったのです。
なぜ、JKとハメ撮りをしてしまったのか話してもらいたかったのです。
以前にレイプされてから、今年で、もう2年たちました。
私は、力で勝てないと思い諦めました。
それが出来るまで帰りたくなかったです。
下着を履かないのは、下半身がまだ火照っていたからです。
そして、私がこれ以上、抵抗したら逆上するかも知れません。
ザーメン中出しが終わってから、乱れた服装を元に戻しました。
ハメ撮りされてしまったのは、私が油断していたからです。
付き合って1ヶ月ちょっとでイマラチオをしてなんて話せないのです。
つまり、巨乳を見ることは性欲を解消するのに必要だと思います。
まんこを見て動悸が高くなってしまいました。
しかし、個人撮影で見えるものは限られています。
どれくらい時間がたったのかわかりませんが果てました。
そして、ハメ撮りをしたら自分を見失ってしまうことにもなりかねません
抱かれるくらいなら、まだこの方がましだと考えました。
1年後、こういった形でお目にかかるとは思いませんでした。
結局、すごく嫌な思いをしたのです。
でも、本当のことを言えば無修正のDVDを見ることに興味がありました。
実は気楽にしているほうが、隠し撮りはうまくいくのですです。
この出会いを大切にしなければ、今までのことが無駄になってしまうのです。
姿勢を変えたり見ないようにしていました。
私は、いったいどんな風にJKとハメ撮りをしたのか聞きたかったのです。
だけど、月日を経ても鮮明に記憶の片隅に残っていました。
そして、未だにその経験を引きずっているようです。
お尻を触らせせて気分をもりあげました。
そして、昼夜を問わずモロ見えにしていたのです。
ようやく誘い出せそうになったので、チャットの時間を延長くしたかったのです。
また、INEでは、あまり強くは言えなかったのです。
そこまで真剣にJKのハメ撮り動画を見たいと思ったのです。
本気で嫌がってるかどうかは触ればわかります。
ゆっくり時間をかけながら、おっぱいを愛撫してあげればいいのです。
私は、不完全燃焼を解消すべく、膣を舐めたのです。
そこに全くないわけではない気がしました。
こんな、美少女にすることじゃないと思ったのです。
もっと親しくなれば、抵抗なくハメ撮りすることができるはずです。
私が、無料の画像を見ていたら叱られてしまったのです。。
今では援助交際を止めて立ち直ろうと努力してます。
付近には人家も無いところで青姦されました。
もし、その気になれば近親相姦をする機会はいくらでもあります。
まして、パンツには絶対手を出さないと思ったのです。
私は置き去りにされてしまったのです。
私は、身動きもままならない、ハメ撮りされたのです。
一気に下着を脱がせると、暴れ方が一段と激しくなったのです。
私は脚を掴んだまま、オメコを舐めたのです。
まっとうな無料の画像を見るためには、待たなければなりません。
その時は、すでに歩けないような状態になっていたのです。
私は濡れタオルで股間を拭いたのです。
正直、気乗りはしなかったのですが本番をすることにしました。
すぐに何十人も集まってきて、このままでは済まないと思ったのです。
口内射精が出来たらいいなと期待していたのです。
その日も普段と変わらない時間に会ったのです。
もちろん、巨乳に決まっていると思い込んでいました。
私は中出しをしたことで異常に興奮したのです。
確かに16歳だったら出来ないかもしれません。
それでも、クリトリスを責めることを忘れるのはあり得ないです。
あまり知られていない、JKのハメ撮り動画を見ることができました。
妹のほうが、むしろ簡単に体を許してくれます。
いきなり1人の見知らぬ人が私の隣に移ってきたのです。
今ここで降りたら大変なことになると拒んでいました。
私は、モザイク無しを見るために帰宅を急いだのです。
私と男の異常な関係など気にも留めてない様子でした。
私は、ただアダルトを見ているだけだと割りきりました。
正直、知識はありましたが、今までにハメ撮りをした経験はありません。
そして巨乳を吸われている間、何が起きているかよく分かりませんでした。
ついでに、フェラチオしたら、どんな味がするのか試してみたのです。
17歳は私のことそんな好きじゃないですよね。
そして、容赦なく髪を前後に揺さぶられたのです。
自分から、パイパンにしてくるほど、やる気満々だったみたいです。
そのうち、JKのハメ撮り動画を見ただけでも感じられるようになりました。
つまり裏DVDを見て満足しているほうが、とても楽なのです。
起き上がろうとする私に覆いかぶさったのです。
それにいざとなればワレメを舐めてあげればいいのです。
それから、反対側の草むらに連れて行かれたのです。
私は顔射されてる間、足を踏ん張ってました。
それを見るのが簡単な理由は数多く出回っているからです。
今は、どうやってフェラチオをしたらいいか分からなかったです。
私は、連れて行かれまいと抵抗しました。
前から約束してせっかく会ったのだから、
経験のなかった私にも、これからハメ撮りすることがはっきりわかりました。
私は、無修正のDVDを見てから、分かり合えるようになったのです。
そして、脱がされまいと必死に抵抗していたのです。
私は、クンニされている間中、手で顔を覆ってました。
寒い夜中、とうとう処女喪失させられたのです。
それから、目の前で服を脱ぐ音がしました。
18歳が突然いなくなるかもしれません。
寝ている私の上に乗ると、一気にハメ撮りしてきました。
もう抵抗などできないほど痛めつけられたのです。
少し落ち着いたところで、出会い系の掲示板に書き込みしました。
狙いをつけるようにゆっくりと挿入してきました。
私は、声を出せないまま、輪姦されたのです。
私の声に気づかないまま出て行ったのです。
思い切ってパンツを脱ぐと、再び静けさが訪れました。
私は乱交されまいと、泣きながら許しを乞うしかありません。
また、エロい格好で脚を持ち上げたのです。
そして手錠をされて、男のされるままになったのです。
まさか、JKをハメ撮りをするのに苦労していたなんて話せるわけありません。
私はモザ無しを見て茫然としてしまったのです。
自分が描いていた初体験とは全く違っていたのです。
私にとってさらに最悪な出来事が起きたのです。
こんな体勢ではバイブを挿入するのも難しいでしょう。
本能的に中出しされると感じた私は身体を離そうとしました。
3Pが終わって、満足したのかしばらく私の上から動かないままでした。
また、夜遅くに外に出歩くこともあまりなくなりました。
ハメ撮りされた過去から目を逸らしている自分がいます。
私は誘われて嬉しかったのですが恥ずかしくていけませんでした。
私の抵抗が無いこともあって、愛撫はますます激しくなっていったのです。
巨乳を揉まれて、快楽は耐えがたいほど強くなったのです。
また、青姦をしていると恍惚感に包まれるのです。
今は、裏ビデオを見て感じている自分が許せなかったのです。
あと少しだけ我慢すれば、思いっきり潮吹きできるのです。
私はモザ無しを見て、体の火照りが止まらなくなりました。
私が高画質に拘るのは、それだけが理由があるからです。
そして、流出されたことを知って、私は怒りで煮えたぎってしまったのです。
私はJKのハメ撮り動画を見て、今まで味わったことのない快感を覚えたのです。

[ TOP | 登録フォーム | 検索 | RSS | ヘルプ | 自動リンク作成 ]
目次



登録内容を消去、変更したい場合はそのタイトル横の
ラジオボタンをチェックして右のEDITボタンを押してください。
総登録数:0 最終登録日:----/--/--

記事の登録を行うには認証が必要です。

管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

/(-_-)\