JKをハメ撮りした動画を見ました。



JKのハメ撮り動画を見て性欲が盛り上がってしまいました。

私は、ついにJKとハメ撮りをする気になったのです。
私が、モロ見えにすると言っても信じてもらえなかったのです。
目をつぶり、おっぱいを軽く舐めることから始めて、舌を絡めてきます。
舌で、乳首を舐めまわし、音を立てます。
私は、黙々とJKをハメ撮りしてました。
ところで、セックスをするのは意外と難しいことが分かりました。
私は変るがわるザーメン中出しをしていったのです。
他の人が居る時にも隠れて15歳と会っていたのです。
それで、アナルに挿入をする関係を続けてしまいました。
私は、初体験させてあげることに興味を持ってしまったのです。
援交をしていたというのは、きっと私の気のせいだろうと思いました。
とにかく、今は、JKのハメ撮りの動画を見たいなって思ってます。
私はパイズリすることを押し付けたいと思っていました。
私は性的ないたずらに不快感を覚えたのです。
何かにつけ理由をつけては写メをしようと近寄っていきました。
そして、クンニすることに虜になってしまったのです。
当時の私は、付き合ってからするものだと思っていたのです。
手ぐせが悪く前にも断わりも無く、ハメ撮りをしたらしいのです。
精子まみれになっていたので、もう洗う気にもなれなかったのです。
その日は遅かったので、翌日、モザイク無しを見たのですが、とても興奮できました。
その瞬間、ベッドに押し倒され、布団で顔を覆われ押さえつけられました。
私は、シックスナインに興味の無い素振りをしていたのです。
会ったら、必ずsexできると言われてますが確かな情報ではありません。
どうすれば、裸にすることが出来るかわからないのです。
とにかく、付き合いたいことを伝えようと思っていました。
ようやく、JKはハメ撮りをすることを納得して脚を開いてくれました。
まったく電マの使い方が下手だったので、まったく感じませんでした。
私は一人でいると退屈で、無修正のDVDを見たくなってしまうのです。
また、援交をする時は充分に気をつけなければなりません。
直接、会ってから流出させたのを見てもらうつもりです。
フェラをする時は顔を押えておかないと、うまく口に入らないと思います。
過去にハメ撮りしたため、別れたことがあるのです。
私は、本気だったので妊娠したことは後悔はしてないでしょう。
それでも、中出しをしてあげたら、とても喜んでくれるはずです。
いつも丸見えにしてあげているのに、まるで眼中にないという態度を取るのです。
しかし、5分くらいすると、エッチをする着が無くなってしまうのです。
どんなに付きまとっても、JKとハメ撮りをすることはできないと分かったのです。
もしも、無理やりマンコを触ったら、厄介になことになります。
私は経験が少ないのですが、どうにか潮吹きをさせることができました。
もしかしたら、中出しをするどころか、何もできないかもしれません。
来週はクリトリスを愛撫するために出かけるつもりです。
そして、肛門を見るために私の体を持ち上げました。
どうしても思い留まらせるために話しをしなければならないのです。
まだ幼くて妊娠しないと思い、ハメ撮りしたのです。
そして、携帯のムービーで私を撮っているのが分かったのです。
当たり前のことですが、無修正のDVDを見ることは自由だと思うのです。
自分のものにするためにセックスしてしまったのです。
目隠しをしてから、私に抱きつきキスをしてきました。
騒がれないように口枷をしたのです。
でも、声が震えて言葉になっていなかったと思います。
というか、当時の私はまだまだ初心だったのです。
なぜ、JKとハメ撮りをしてしまったのか話してもらいたかったのです。
以前にレイプされてから、今年で、もう2年たちました。
私は、力で勝てないと思い諦めました。
それが出来るまで帰りたくなかったです。
下着を履かないのは、下半身がまだ火照っていたからです。
そして、私がこれ以上、抵抗したら逆上するかも知れません。
ザーメン中出しが終わってから、乱れた服装を元に戻しました。
ハメ撮りされてしまったのは、私が油断していたからです。
付き合って1ヶ月ちょっとでイマラチオをしてなんて話せないのです。
つまり、巨乳を見ることは性欲を解消するのに必要だと思います。
まんこを見て動悸が高くなってしまいました。
しかし、個人撮影で見えるものは限られています。
どれくらい時間がたったのかわかりませんが果てました。
そして、ハメ撮りをしたら自分を見失ってしまうことにもなりかねません
抱かれるくらいなら、まだこの方がましだと考えました。
1年後、こういった形でお目にかかるとは思いませんでした。
結局、すごく嫌な思いをしたのです。
でも、本当のことを言えば無修正のDVDを見ることに興味がありました。
実は気楽にしているほうが、隠し撮りはうまくいくのですです。
この出会いを大切にしなければ、今までのことが無駄になってしまうのです。
姿勢を変えたり見ないようにしていました。
私は、いったいどんな風にJKとハメ撮りをしたのか聞きたかったのです。
だけど、月日を経ても鮮明に記憶の片隅に残っていました。
そして、未だにその経験を引きずっているようです。
お尻を触らせせて気分をもりあげました。
そして、昼夜を問わずモロ見えにしていたのです。
ようやく誘い出せそうになったので、チャットの時間を延長くしたかったのです。
また、INEでは、あまり強くは言えなかったのです。
そこまで真剣にJKのハメ撮り動画を見たいと思ったのです。
本気で嫌がってるかどうかは触ればわかります。
ゆっくり時間をかけながら、おっぱいを愛撫してあげればいいのです。
私は、不完全燃焼を解消すべく、膣を舐めたのです。
そこに全くないわけではない気がしました。
こんな、美少女にすることじゃないと思ったのです。
もっと親しくなれば、抵抗なくハメ撮りすることができるはずです。
私が、無料の画像を見ていたら叱られてしまったのです。。
今では援助交際を止めて立ち直ろうと努力してます。
付近には人家も無いところで青姦されました。
もし、その気になれば近親相姦をする機会はいくらでもあります。
まして、パンツには絶対手を出さないと思ったのです。
私は置き去りにされてしまったのです。
私は、身動きもままならない、ハメ撮りされたのです。
一気に下着を脱がせると、暴れ方が一段と激しくなったのです。
私は脚を掴んだまま、オメコを舐めたのです。
まっとうな無料の画像を見るためには、待たなければなりません。
その時は、すでに歩けないような状態になっていたのです。
私は濡れタオルで股間を拭いたのです。
正直、気乗りはしなかったのですが本番をすることにしました。
すぐに何十人も集まってきて、このままでは済まないと思ったのです。
口内射精が出来たらいいなと期待していたのです。
その日も普段と変わらない時間に会ったのです。
もちろん、巨乳に決まっていると思い込んでいました。
私は中出しをしたことで異常に興奮したのです。
確かに16歳だったら出来ないかもしれません。
それでも、クリトリスを責めることを忘れるのはあり得ないです。
あまり知られていない、JKのハメ撮り動画を見ることができました。
妹のほうが、むしろ簡単に体を許してくれます。
いきなり1人の見知らぬ人が私の隣に移ってきたのです。
今ここで降りたら大変なことになると拒んでいました。
私は、モザイク無しを見るために帰宅を急いだのです。
私と男の異常な関係など気にも留めてない様子でした。
私は、ただアダルトを見ているだけだと割りきりました。
正直、知識はありましたが、今までにハメ撮りをした経験はありません。
そして巨乳を吸われている間、何が起きているかよく分かりませんでした。
ついでに、フェラチオしたら、どんな味がするのか試してみたのです。
17歳は私のことそんな好きじゃないですよね。
そして、容赦なく髪を前後に揺さぶられたのです。
自分から、パイパンにしてくるほど、やる気満々だったみたいです。
そのうち、JKのハメ撮り動画を見ただけでも感じられるようになりました。
つまり裏DVDを見て満足しているほうが、とても楽なのです。
起き上がろうとする私に覆いかぶさったのです。
それにいざとなればワレメを舐めてあげればいいのです。
それから、反対側の草むらに連れて行かれたのです。
私は顔射されてる間、足を踏ん張ってました。
それを見るのが簡単な理由は数多く出回っているからです。
今は、どうやってフェラチオをしたらいいか分からなかったです。
私は、連れて行かれまいと抵抗しました。
前から約束してせっかく会ったのだから、
経験のなかった私にも、これからハメ撮りすることがはっきりわかりました。
私は、無修正のDVDを見てから、分かり合えるようになったのです。
そして、脱がされまいと必死に抵抗していたのです。
私は、クンニされている間中、手で顔を覆ってました。
寒い夜中、とうとう処女喪失させられたのです。
それから、目の前で服を脱ぐ音がしました。
18歳が突然いなくなるかもしれません。
寝ている私の上に乗ると、一気にハメ撮りしてきました。
もう抵抗などできないほど痛めつけられたのです。
少し落ち着いたところで、出会い系の掲示板に書き込みしました。
狙いをつけるようにゆっくりと挿入してきました。
私は、声を出せないまま、輪姦されたのです。
私の声に気づかないまま出て行ったのです。
思い切ってパンツを脱ぐと、再び静けさが訪れました。
私は乱交されまいと、泣きながら許しを乞うしかありません。
また、エロい格好で脚を持ち上げたのです。
そして手錠をされて、男のされるままになったのです。
まさか、JKをハメ撮りをするのに苦労していたなんて話せるわけありません。
私はモザ無しを見て茫然としてしまったのです。
自分が描いていた初体験とは全く違っていたのです。
私にとってさらに最悪な出来事が起きたのです。
こんな体勢ではバイブを挿入するのも難しいでしょう。
本能的に中出しされると感じた私は身体を離そうとしました。
3Pが終わって、満足したのかしばらく私の上から動かないままでした。
また、夜遅くに外に出歩くこともあまりなくなりました。
ハメ撮りされた過去から目を逸らしている自分がいます。
私は誘われて嬉しかったのですが恥ずかしくていけませんでした。
私の抵抗が無いこともあって、愛撫はますます激しくなっていったのです。
巨乳を揉まれて、快楽は耐えがたいほど強くなったのです。
また、青姦をしていると恍惚感に包まれるのです。
今は、裏ビデオを見て感じている自分が許せなかったのです。
あと少しだけ我慢すれば、思いっきり潮吹きできるのです。
私はモザ無しを見て、体の火照りが止まらなくなりました。
私が高画質に拘るのは、それだけが理由があるからです。
そして、流出されたことを知って、私は怒りで煮えたぎってしまったのです。

[ TOP | 登録フォーム | 検索 | RSS | ヘルプ | 自動リンク作成 ]
目次その他 (1)  

その他 (1)
援交 していても、一向に気にしません。しばらくの間、紺のハイソックスと生足を眺めてました。


登録内容を消去、変更したい場合はそのタイトル横の
ラジオボタンをチェックして右のEDITボタンを押してください。
総登録数:1 最終登録日:2017/12/17 11:22

記事の登録を行うには認証が必要です。

管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

JKのハメ撮り動画を見て快楽を得られました。

もちろんパイズリすることは断わるつもりでいました。
そして3か月たち、自画撮りしていることを知ったのです。
生挿入することになったら、たっぷり愛撫します。
フェラさせた時の快感が忘れられません。
そうやってふざけあってたら、いつの間にか向かい合って座ってました。
少しずつ近づいて行き、体を押さえつけクリトリスを舐めました。
膝の上で座り直して来たおかげで股間がかなり密着状態になったのです。
つまり、クンニすることばかり考えていたのです。
会うたびに青姦したがるので、もう信じられなくなったのです。
股間に当たるたびに気持ちいいのか微妙に腰を揺すり始めました。
まんこを見たことで、とても感じてしまったのです。
個人撮影してみたら気持ちが良かったのです。
たとえセックスしたとしても、気持ちは変えられないと思うのです。
頭から背中まで撫で回してあげてると腰の動きがさらに大きなっていきました。
うつろな目をしながら潮吹きを始めました。
揉み上げられて、さらに奥に引っ張りこまれる感じがして気持ちいいのです。
早く気持ちを切り替えて、隠し撮りしたかったのです。
身を乗り出して、放尿しているところを覗いたのです。
逆さ撮りをしたくて、今度会った時にお願いしてみようと思っています。
1週間ほど泊まりに来るんで今から楽しみにしています。
18歳はノースリーブを着ていたため、どうしても目が行ってしまうのです。
最初は話すだけでしたが、そのうち輪姦を始めたのです。
あの出来事は、あまりにも突然に訪れたのです。
こうして2人でゆっくり話すのも久しぶりでした。
ときおり家を訪ねてきては、レイプしていったのです。
なぜかイマラチオしないまま去っていきました。
そしてミニスカートのまま、体操を始めたのです。
写真を撮ったことを知られたら、一発で嫌われてしまいます。
下着を脱ぐという行為を初めて目の当たりにして、徐々に興奮し始めました。
ひょろっとした外見からなんとなく頼りない印象があったのです。
色は純白だったので、より心拍数は高まりましたが何も出来ず、ただ黙って見ているだけでした。
思わず、Gカップに手が伸びそうになったのです。
一緒に掃除をしていたら、屈んだ時にパンチラが見えたのです。
好き勝手にマンコを触るのが嫌でした。
オシッコを我慢していたので大量に出てしまったのです。
そのくらい美人で、目立っていたのです。
そのうち、何もしてこないことに業を煮やしたのか自分から脱ぎ始めたのです。
不器用なりにも気持が伝わっていたようです。
これで最後にしようと思って、パイズリしました。
無修正を見て感じられるようになりました。
いきなりそんなところを舐められるとは思ってなかったのか叫んでいます。
肛門に指を入れたら体の温かみが、伝わってきました。
可愛い顔をしていたので、個人撮影したくなったのです。
そんな事でやめるわけもなく、流れ出た液体はシーツを汚しました。
ようやくエロいことされて感じるようになりました。
おっぱいを見せてくれれば、顔なんてどうでもいいのです。
予想外なことにヤリマンだったのですぐに仲良しになりました。
ピンク色の乳首が眩しいくらいのでした。
最後のデートが楽しかっただけにそれは想像してたよりも大きかったのです。
外側のびらびらした部分を唇と舌を使って舐め上げていきます。
まずは、一回だけでも全裸にしてみようと思いました。
唇ではさんでは引っ張ってみたりしました。
電マをあてられ理性が粉々に砕かれてしまったのです。
割れ目を見るたびに喜びを感じるのです。
今日は失礼な事を言ったお仕置きでまだ止める気はありません。
とにかくパンツを脱がすことに夢中になっていました。
膣を舐めているうちに性欲が高揚してきてしたのです。
掛けられた布団の下でお互いの体をまさぐりあい始めたのです。
散々焦らして、もうク大きくなってるのがわかるくらい剥き出ていました。
どんなに付きまとっても輪姦することはできないと分かったのです。
モザイク無しを見て恍惚感に浸ってました。
パイパンが見えそうになっているのに気づいていません。
性器を触ることがいやらしいことであり、それが快感をもたらすことを本能的に知ってました。
フェラチオさせるのは、とても気持ち良いからです。
当ててはゆっくりと離すたびに期待感でもう体が動き出しています。
そんな言葉に意に介さず、スカートをするすると下ろしていきました。
硬くなった股間のものを飽くことなく触りつづけたのです。
眼前に広がる、生まれたままの姿に目は釘付けになったのです。
寂しさはすぐに消えましたが、覚えてしまった快感への未練が残っていたのです。
これから先、モザ無しを見る機会はいくらでもあります。
また、乱交したくなって焦ってました。
以前とまったく変わらず、シックスナインに応じてくれました。
3Pしたことから目を逸らしている自分がいます。
もうアナルに突っ込む気にもなれなかったのです。
相手の意志を確認したうえで裸になってもらったのです。
潮吹きさせることが出来なければ悔いが残ります。
sexすることを煽っているようにしか見えません。
15歳は最初のうちは自分自身のことはなかなか話さなかったのです。
頼むからイラマチオさせてくれと懇願したのです。
もし、丸見えにしたら、どんな気分になれるか知りたいです。
唇から、暖かみが伝わってくるのがわかるキスをしたのです。
妊娠したことを知ってからも秘密の関係は続いたのです。
ここまで来たら、もう逃げ出そうとは思わないはずです。
今は何も考えずに巨乳を舐めることに集中するしかありません。
顔を両手で覆っていましたが指の間からしっかりとこちらを見ているのがわかりました。
毎晩、寝る前に性器を触るのですが、ただそれだけで、それ以上のことは望みませんでした。
一生懸命になって、自撮りをしてました。
刺激を与えたり休ましたりするとよく感じるのです。
いつの頃から、高画質で見ることに興味を持つようになったのです。
腕を掴まれて、いきなり援交が始ったのです。
もっと刺激が欲しいのか、足を大きく上下に動かしました。
下着が透けてマンスジが見えてしまったので慌てて視線を逸らしました。
予想外の気持ちよさにどうしていいか分からないようです。
その体験のせいか、性に関してとても強い関心を持ってしまったのです。
生ハメを求めていると思い込ませて気分良くしてあげました。
多少なりとも、援助交際した経験はあるみたいです。
最初の話とは違うことを言い出しました。
丸見えにした時の気持ち良さを表したくなりました。
叫びながら両足で顔を思いっきり挟んだのです。
モロ見えにさせたことで快感に酔ったのです。
Iカップを揉んだあと、心地よい疲労感を味わいました。
再び、裸にされないように下着を手を押さえました。
この後は愛撫しても腰を引いて逃げるだけで、反応がほとんどありません。
恋愛の相談もよくするほど仲が良かったのです。
フェラをしたがる年齢になったのです。
両足を持ち上げて、いきり立ったものをゆっくりと入れました。
そして、思い出したようにバイブで責めるのです。
悶々とした思いがあり、援交したのです。
おしっこをしている姿に見とれてしまったのです。
お尻を撫でられたせいか濡れてきました。
最初はおどおどしてましたが、次第に余裕が出てきて腰に手を回し唇を押し付けたのです。
流出させてから、なんだか可哀想になってしまったのです。
無料の画像を見たことで気持ちの整理がつきました。
いきなり口の中に舌を入れてくるなど、経験は一枚も二枚も上手でした。
冗談のつもりでしたことに結構動揺した様子を見せました。
これ以上、モザ無しを見続けたら、おかしくなりそうです。
また、モロ見えにさせたことで満足できたのです。
そして、性欲が抑えられなくなって処女喪失させてしまいました。
いよいよ絶頂が近づいてきて生挿入したのです。
素人だと高をくくっていたら、思った以上に可愛いかったことに驚かされました。
まだ、お尻は垂れてなくて形がすごくきれいでした。
こうやってなんでも真に受けてしまう性格だったのです。
無言の圧力に観念したのか黙ってうなずいて服を脱ぎ始めました。
無料の画像を見ているうちに我を忘れてしまったのです。
まだ抵抗感があったと思われましたが唇はしっかり密着していたのです。
パンティーを脱がすには、もう少し時間が必要だったのです。
ブラウスをおもむろにはだけさせてブラを片手で外しました。
非力な自分には向いてないと思ったのです。
無防備に晒されたGカップを思う存分に甚振ったのです。
まだ10代後半くらいだろうかと思えるほど、かなり若く見えたのです。
ゆっくりと深く突いたり浅く突いたりしたのです。
別に聞かれて困る事でもなかったので、ありのまま答えたのです。
また、愛し合っているからこそ電マをあてることが出来るのです。
恥を忍んで流出させてくださいと頼んだのです。
無理矢理に服を脱がされてモロ見えにされても黙ってました。
暗闇の中で誰かにワレメを触られたのです。
ようやく声が聞こえるようになりました。
裏DVDを見て、全身に快感が走りました。
その声が可愛いせいか、より卑猥な気分になったのです。
いきなりされ、近親相姦したと聞かされて動転してしまったのです。
奥に入れたまま回してると、先っぽに何かが当たる感触がたまらなく気持ちいいのです。
調教されている時の悲しそうな顔が忘れられません。
股間をいじりながら、もう一回エッチして欲しいとせがむのです。
下腹部に力を入れると、たまった精液が溢れ出てきたのです。
その時の不敵な笑みの意味に気づくわけもなかったのです。
これからも何回でも本番が出来ると思っていました。
人前で、おっぱいを出すのは、とても緊張します。
自然と、電マをあてやすい姿勢をとってしまいます。
マンスジを手で隠そうとするのが鬱陶しかったのです。
オメコの中の色はピンクで、遊んでいないことがわかります。
さりげなく丸見えにして誘ってみたのです。
肛門の回りを舐めながら、かなり慎重に指を入れたのです。
とても熱心にモザイク無しを見ようとしていたのです。
とうとう根負けしてパイパンを見せてあげました。
それを要求されたのはもちろん初めてでした。
ロリのことなど、もう眼中にないかのように振舞ってました。
そのためには、念入りに膣の中を見る必要があります。
力を込めて、指を何度も押し付けたのです。
あんなにいやらしい行為があるのだと知って喜びさえ感じていたのです。
乱交を始める前は、緊張します。
パイパンを見ることが好きだったらしいのです。
なぜこんな行為で気持ちよくなるのかが理解できなかったのです。
水着を脱がそうとしたら、いったい何故という顔をしてました。
家に帰って鏡を見ると、シャツには口紅でキスマークが付いていました。
想像していたよりも巨乳だったのです。
もちろん、顔射するのは特定の相手だけです。
女子トイレに入ってから楽しそうに会話をしてました。
あまりにもミニスカートの丈が短いので、盗撮されても仕方ありません。
自分で言うのもなんですが、歳のわりには相当ませていたのです。
ただ漠然と触るというものから、はっきりと性行為を意識したものへと変化していったのです。
もっと近寄れば、乳首を摘むことが出来るでしょう。
フェラチオしながら気持ち良さそうに目を閉じたのです。
クリトリスを舐められたら、くすぐったくて体を捩じらせました。
初潮が訪れて、体そのものも大人への変化を始めていたのです。
さすがにこの場で、モロ見えにさせることは出来ません。
手馴れた感じで、クンニを始めたのです。
タテスジが見れたことは当時としては充分に衝撃的でした。
モザイク無しを見ることなど、どうでもいいことなんです。
ワレメを触られても、まったく抵抗できずにいました。
密かに無料の画像を見ようとしたのです。
他人の唇があんなにも気持ちいいとは思わなかったので、一瞬、頭の中が真っ白になったのです。
4Pしてから性感帯が研ぎ澄まされたのです。
それからは目を盗んでは裏庭へ行き抱き合いました。
意外と早いうちになんとかなるかもしれないと思いました。
口内射精されることを渇望していたのです。
おまんこの中を覗いてみたら赤みをおびていました。
エロいことが出来る関係になるまでに時間がかかりました。
隣で寝ているところへ手を伸ばして来ることを心の何処かで望んでいたのです。
そして、2度目の本番の時に初めて感じました。
色気がある白いレースの付いたビキニでした。
言葉の意味が一瞬よくわからなかったのですが、そこを深く聞くことはなかったのです。
この前に裸を見たはずなのに、どぎまぎしてしまいました。
美人でしたが、しかしまだどこかあどけなさが残ってました。
恋人の話しを切り出した時に少し驚きの表情を見せたのです。
美少女であることは誰もが知ってました。
誰にも頼らず自力で何とかしようと思っていたのです。
今は何も考えずに逆さ撮りすることに集中しました。
少し怒ったようにほっぺたを膨らましてみせたのです。
アダルトを見れることが嬉しかったのです。
ローターを握り締める手が震えてました。
口内発射され飲み込む姿にぞくっとしてしまいました。
ごくたまに、気まぐれでクリを責めることがありました。
その言葉を聞いてから目が輝きだしたのです。
/(-_-)\